阿亮網誌から鉄道模型趣味の記事を独立させました。

maerklin02-f0b57.jpgdsc00517-0139c.jpg80年代の目蒲線dsc_03440002-e2a7f.jpg

車両紹介、車両やストラクチャ工作、家庭内での運転、ドイツ・アメリカからの個人輸入などの話題を中心に展開していければと思っています。 関連記事

シンガポール Trains N Toys で購入した商品 [欧州型H0]

先日、シンガポールのメルクリンのお店 Trains N Toys で購入したメルクリン商品の情報をまとめてみます。

DSC09638.JPG

左の架線セット 70000 は絶版になったお買い得セットで、割引率20%、24,000円でした。

まだ在庫が各所にあったころ、国内およびヨーロッパから個人輸入する場合は20,000円程度だったのでそれでも大分割高ですが、今同様の内容をそろえようとするととてもこの金額では収まらないはずなので、購入を決断しました。帰国後開封してみたところ、どうやら説明書があるはずなのに入っていませんでした。まあ、これは何とかなるでしょう・・・

右上の SBB Ee3/3 36330 はもともと欲しいと思っていて、値段も手頃だったので購入しました。
fx機で、CS2では型番を入れるだけで登録ができました。前照灯が走行方向にかかわらず両エンド点灯してしまうのですが、これは入換え機としては仕様なのでしょうか?

本当はこのふたつで予算超過だったのですが、さらにもう一台。

右下の DB BR E70-2 3448 はまったく事前の想定外だったのですが、見た目で気に入り衝動買いしました{^ ^;;
新品とはいえ、10年前のモデルで、お店のレイアウトでのテストでは駆動系は問題がないものの、シューがついている側の台車の車輪がスムーズにまわらず、走行方向によっては車輪が引きずられる状態だったのと、前照灯も前進時しか点灯せず、給油などの措置は必要のようでした。

そして、帰国後に中身を開けて確認したところ、デルタ機ではなくアナログ機で、CS2からの給電では暴走してしまいデジタルでは遊べませんでした。また前照灯が片方しか点灯しなかったのは基盤上のダイオードの半田付けが不良ではがれていたからだということも判明しました。

モーターは見たところ直流用のようなので、いっそのことLokSoundでデジタルサウンド化してしまおうかと思っています。

そんなこんなで、このお店、Marklin好きには一見の価値があるかと思います。ただし、国内やドイツのお店のような細やかさはあまり期待できず、製品が不良の可能性もあるので、その辺は要注意です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます